ハルジン

立体造形・特殊造形・模型の製作会社は、HALJINN.LTD(ハルジン)

メインイメージ・その他

ジオラマの歴史

博物館や歴史館などでジオラマはよく見かけます。
ジオラマとは展示物とその周辺環境や背景を立体的に表現する方法で展示方法の一つです。
プラモデルや鉄道模型の情景もジオラマであり、博物館や科学館にある、森の情景や海中の情景、拡大された昆虫の情景などもジオラマ制作によるものになります。
ジオラマ制作の魅力は実際に見ることのできなかった風景などを再現できること、現実にあるものをコンパクトに再構築できること、ジオラマの世界の精巧さなのではないでしょうか。
  • ジオラマの歴史

    展示会における模型の活用

    ジオラマは日本に限らず、他の国にもありますが、どこからどのように広まったのでしょう。
    ジオラマの歴史は19世紀初頭、フランス人風景画家で後に写真発明家となったルイ・ジャック・マンデ・ダゲールが、画家ジャック=ルイ・ダヴィッドの弟子シャルル・マリ・プートンと共に、従来のパノラマに代わる新たな投影装置を開発し「Diorama」と名づけたのが最初だそうです。
    最初のジオラマは、箱の中に風景画と展示物を置いただけでした。
    その箱の1つの面に設けられた窓から中を覗くと、照明などの効果により本当に風景が広がっているかのように錯覚させる見せ物として人気になったそうです。
    そして、1915年にイギリスのバロック博物館に、ジオラマが初めて博物館の展示装置として登場しました。
    1932年に東京科学博物館にジオラマが初めて博物館展示として登場し、以後、通常の展示装置として用いられるようになりました

現代では、ジオラマと言ったら、博物館などで地形や建物などを説明するための縮尺模型や、周辺風景も含めた乗り物などのプラモデルの展示方法を指し、情景模型と呼ばれるものが多いです。
豊かな自然描写と精巧な情景模型によるスモールワンダーランドに癒されるという方は多いかと思います。
展示などでジオラマを活用なさってはいかがですか。
当社では撮影用ジオラマ、展示用ジオラマ製作も承っております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから!